GKD_0875.JPG
IMG_2888.png

公益社団法人 飯能青年会議所

2022年度

「探究心」~愛情をもって地域と向き合う~

 

新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。旧年中は、飯能青年会議所の活動に格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔み申し上げます。また、罹患された方々およびご家族、関係者の皆様、感染拡大により日常生活に多大なる影響を受けられている全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。新型コロナウイルスという目に見えない脅威にさらされ、新たな国難を迎えている状況だからこそ、青年会議所が、青年としての英知と勇気と情熱をもって、山積しているこの地域の課題と向き合っていくことが必要です。

「『探究心』~愛情をもって地域と向き合う~」を2022年飯能青年会議所のスローガンに掲げました。新しい生活様式やオンライン会議などが導入され「ニューノーマルな時代」と頻繁に耳にするようになりました。当たり前だった価値観が崩れ去り、新たな価値観が生まれておりますが、物事の本質は同じです。この本質をしっかりと捉えるために「なぜ?」を問い続けていく前提を大切にするという想いで「探究心」を掲げました。また、近年市民同士の心の距離が徐々に離れていると感じております。「愛情をもって地域と向き合う」というフレーズ入れたのは、今一度このまちの人々が心で繋がれる、そんな活動をしていこうという想いからです。そして、「郷土愛」、「IT活用」「金融教育」の3本の柱で運動展開します。「郷土愛」は市民に改めて地元を好きになっていただく活動です。新型コロナウイルスにより、飯能まつりや巾着田春まつりをはじめ、あらゆるまちのイベントが軒並み中止となり、地域と人がつながる機会が喪失しています。こうした状況だからこそ、まちの良いところを知っていただき、改めて市民に郷土愛を持っていただきたいと考えております。「IT活用」はITの力でまちの魅力をさらに引き出すと共に、デジタルディバイドなどの問題への解決策を考える活動をしていきます。持続可能な社会に向けて、ITとまちを融合させる探究をしていきます。「金融教育」は青少年教育の活動です。「人生100年時代」と言われている今だからこそ、お金の勉強は必要です。小さいうちからしっかりと自分の将来を考える機運を作っていきます。

地域や行政、企業、諸団体の皆様方よりご厚情を賜り、飯能青年会議所は49年目を迎えます。本年も、これまで同様に変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

​                      公益社団法人飯能青年会議所第49代理事長

kawaku.png