2014年5月

2014.5.22(木) 第780例会 弓道から学ぶ精神鍛練と基本回帰

時間:18:30~ (18:00~ 受付開始)

場所:日高アリーナ弓道場および会議室

目的:

 効率的な組織運営をしていくことの一つに、メンバーひとりひとりが目標・目的をしっかりと見据え、集中して物事取り組むことが必要だと考えます。向上心を持って青年会議所活動に取り組む為にも「基本」「基礎」の必要性を体験し理解することで、組織力向上の一助となることを目的とします。

 また、より一層地域に必要とされる団体となるには、地域のことをひとつでも多く知ることが重要と考えます。本例会を通し地域の魅力を感じて頂くことも目的とします。

 

内容:

 本例会では弓道体験をしていただきます。弓道は古来、禅の修行過程の一部がよく似ていることから立禅と呼ばれています。「自分」「弓」「的」が三位一体となることが、重要かつ意味がある弓道。他の武道は相手を倒すことを目標としたものであるのに対して、この弓道の相手は「自分」です。自分との戦いの中で、心身の鍛錬、技術の向上を行います。まるで心を映すかのように、心の動きが的を射抜く結果につながります。心を鎮め、集中するといった強さが必要となります。矢を射る短い時間の間に集中力、精神力、柔軟性を養うという点では弓道はこの上ない精神鍛練に通じると思います。

 また的を射る(目標、目的を達成する)為に必要なことは何かという事をご講義頂き、その意味を体験していただきます。さらに2004年のまごころ国体で会場となった日高アリーナを会場にすることで地域の魅力を知っていただきます。

 

第1部:弓道について

 弓道が精神鍛練にどれほど役に立つかを日高市弓道連盟会長 嶌田富男様に講義をしていただきます。的(目標)に達するまでの過程を「真・善・美」という観点から教えていただきます。

 

第2部:実技体験

 日高市弓道連盟の方に基本を教えていただいた後メンバーで弓道を体験します。メンバーに連名の方がマンツーマンでついていただきご指導を仰ぎます。時間の都合上、1人2射ぐらいを予定しています。

 

第3部:まとめ