2014年4月

2014.4.24(木) 第778例会 地域資源を再発見、再開発しよう

時間:19:00~ (18:30~ 受付開始)

場所:飯能商工会議所3階ホール

内容:NPO法人まちづくり学校教頭 斎藤主税様 ご講演

(一般の方もご参加いただけます)

 

<講演内容>

1.まちづくりの基本理念について

2.地域資源とは何かについて

3.地域の人とのネットワークづくりについて

4.地域資源をどのように開発し、どのように活用していくかについて

5.いかしにて継続させ、引き継いでいくかについて

6.飯能と日高に置き換えて具体的にどのように活かしていくかについて

 

<斎藤主税(さいとうちから)様プロフィール>

 

まちづくり学校は、新潟県内外でやわらかな参加型のまちづくりに携わり、人材の育成に努めてきた有志らによって設立されたNPO法人です。まちづくりにあたって、住民が参加する場が多くなってきました。本当の意味での住民参加って何なのか、住民と行政はどう役割分担すればよいのか。きちんと考えておかなければならないことは沢山あります。より良い関係を構築し、より良いまちをつくっていくためには、お互いが切磋琢磨する必要があります。これまでまちをつくっていくために必要なことを学ぶ場が、あまりありませんでした。ぶっつけ本番で取り組むことが多かったのです。いろいろな立場の人々が関わることが多くなってきてはいますが、それでもまだ限られた人が限られた知識で取り組んでいるようです。経験を積み重ね、多くの専門家の知恵を集結し、より密度の高い、深みのあるまちづくりを進めることが、今、求められています。まちづくり学校には、県内外で活動している「まちづくりの研究者と実践者」が集まっており、プロジェクトの内容によってチームをつくり対応します。人材の養成をメインとしながら、まちづくりを進める上で派生するあらゆる問題に取り組みます。 これだけ多くの「まちづくりの研究者と実践者」が集結し、まちづくりの底上げのために力を合わせるということは、意義あることだと思います。 私どもは、先駆者としての自負を大切にしながら、真摯な気持ちで研鑽に励み、社会貢献のお役に立ちたいと考えております。

『第2回まちづくり法人国土交通大臣表彰』

【まちづくりの担い手サポート部門】 ★国土交通大臣賞 受賞★

 

『書籍』

【にいがたまちづくり事典 マチダス】

【まち育てサポートブック マチダス2】

【まちづくりコーディネーター養成ブック マチダス2011】

【集団創造化プログラム】

【県民参加型事業 手法の導入推進ガイドブック】

他多数


2014.4.12~13(土)(日) 巾着田菜の花まつり