JCアカデミー特別委員会

 

構成員

   特別委員長   島田英幸

 

   菜の花まつり小委員会 特別委員長 鵜沢裕二 砂山直樹

  小委員会特別委員 塩脇亜由美 嶋瀬龍海 田口 諒 根本寛也 馬場 巧 東村亨輔

 

   飯能まつり小委員会 副特別委員長 清原一平 守田隼人

   小委員会特別委員 神山明寛 柄沢雅之 須田啓介 梨木康隆 横橋一十三 吉川隼人

 

運営方針

 

現在、飯能青年会議所に在籍している会員は、半数が入会3年に満たない会員で構成されています。新入会員の新しい考え方や想いは、既存のメンバー、組織にとっても大変大きな力をもたらすはずです。しかしながら、その力が青年会議所のビジョンに基づいた運動に繋がらなければ、地域を変える原動力には成り得ません。そのためには、仲間とともに様々な事業を構築する中で自分の色を見つけ、自らの姿勢と行動で人の心を動かす表現力、創造力を身に付け、この地域に貢献できる人財として活躍することが求められています。

 

まずは、アカデミーメンバーを中心に、これまでの歴史や伝統を学び、ビジョンの共有を図る機会を定期的に設けます。そこでは主にメンバー間の相互理解、失敗を恐れず笑顔で挑戦するという精神を学び参加参画意識の向上を図ります。そうした学びや気づきからアカデミーメンバー各々が特色に代え、菜の花まつり、飯能まつりといった事業を企画し結束力を持って飯能青年会議所を大いに盛り上げていきます。さらには、未来を描くことの出来る力を養うことで、地域住民の意識変革を起こすことの出来る人財の育成へと繋げていきます。

 

アカデミーメンバーがお互いの色を理解し、お互いに尊重しながら得た経験や友情は今後の活動の糧となります。そこで得た自身の成長を職場、家族、地域、社会、そして未来の青年会議所メンバーへ還元してこそJAYCEEと考えます。JAYCEEとして成長した多くのメンバーが、想い描く未来に誠実に向き合うことで、この地域は元気と笑顔に溢れていきます。

 

 

 

1.事業計画

 

  1. 菜の花まつりへの参画

  2. 飯能まつりへの参画

  3. 震災復興元気市への参画

  4. 飯能新緑ツーデーマーチへの参画

  5. 特別委員会全体委員会の開催

  6. 会員拡大