45周年連絡会議

 

 

構成員   議長  菊地秋彦

      議員  井上将太 加涌章吾 関根 歩 高山恭平

 

 運営方針

 

歪みのないほんとうの「明るい豊かな社会」の実現に向け決意を示した設立趣意書。そして、「明るい豊かな住みよい社会」を築くため、平和的秩序を確立し、人々と共に考え語り合い、自らひたいに汗して行動することを誓った創立宣言文。1973年に踏み出した第一歩から45年、先輩諸兄から継承されてきた創始の心と良き伝統は、これから先も受け継がれていかなければなりません。「JCしかない時代から、JCもある時代に」。組織として変革を必要としたときから地域や社会は変化を続けています。それに対して組織としても順応していかなければなりません。

 

まずは、40周年に打ち出した50周年に向けての中長期ビジョンに対し、これまでの5年間の運動を検証し、さらなる推進を図ると共に、必要な軌道修正を行います。改めて掲げる50周年に向けてのビジョンに組織の担いが明確化され、それに向かって邁進していくことは、会員それぞれに対する資質の向上へと繋がるはずです。また、創立から45年の長きに亘り、飯能青年会議所の運動にご理解、ご協力をいただいた関係者の皆様と、日頃よりご指導、ご鞭撻をいただいている歴史と伝統を紡いでこられた先輩諸兄の皆様に対し、心からの感謝と、より一層地域から必要とされる組織へと力強く歩み続けていくことを誓い、カタチにすることで45年分の御恩を繋ぎます。

 

継承された創始の心と良き伝統を礎に、この節目の年が半世紀を締めくくる向こう5年間の第一歩となり、歩みを止めることなく挑戦し続ける青年の運動は、御恩の輪を広げ、「JCと共に」と信頼され必要とされる組織へと変貌を遂げ、そして、明るい豊かな住みよい社会へと繋がっていくものと確信します。

 

1.事業計画

 

  1. 周年PR活動の総括

  2. 中長期戦略の検証

  3. 記念式典(例会)・祝賀会、記念誌発行の総括