会員拡大連絡会議

 

 

 

構成員   議長   相原貴弘

       議員   鈴木大樹 澁谷将志 山口 孝 浅見友章

 

 運営方針

 

このまちに対しての市民意識変革を使命と考えるのであれば、会員拡大は青年会議所運動の本質とも言えます。このまちの未来を共に考える仲間が1人でも多く増えていくことが、このまちにとって必要であると考えます。今こそメンバー

 

1人ひとりが会員拡大を自分事として捉え取り組んでいくべきなのです。

 

まずは、私たち全メンバーが飯能青年会議所の置かれている今を正確に把握し共有しなければいけません。そして、連絡会議内において各委員会の情報交換・情報共有を密にし、拡大情報を収集し、その情報を基に計画を練り、従来の手法にとらわれることなく様々な手法を考え、検討し行動して参ります。対象者1人に対しての情報をメンバー全員が共有し、対象者の経歴や境遇などを考慮したうえで、担当者や手法を検討し、実行に移して参ります。各々が単独で拡大を行うのではなく、全体で効率良く、より効果的に行う拡大運動を目指し、PDCAサイクルを繰り返し行い、その内容を全メンバーで共有します。

 

  会員数が増加した結果、仲間とともに活動する楽しさや喜びを再認識し、この組織の素晴らしさに気付きます。私たちが拡大に対して熱い想いを持って行動していくことこそが会員拡大に繋がり、飯能青年会議所がより魅力的な組織になると確信します。

 

 

 

1.事業計画

 

  1. 会員拡大の総括

  2. 会員拡大

  3. 新入会員のフォローアップ