ひとづくり委員会 

構成員   委員長  山口 孝 

      副委員長 砂山直樹 高山恭平 

      委員     柄沢雅之 東村亨輔 吉川隼人

運営方針 

 経験豊かな先輩諸兄が卒業していき、飯能青年会議所も入会歴の浅いメンバーが増えてきました。しかしながら、いつの時代も青年会議所のメンバーは、この地域の中核を担う人財であることが期待されます。今こそ地域に必要とされるまちづくり団体であり続けるために、率先して社会を動かす人財となることを求め、その姿を広く地域に向けて発信すべきときなのです。 

 まずは、社会に影響力のある人財とは何かを我々なりに定義し、その人財になるための方法論を探求し、メンバーが自己成長を実感できる場を提供します。そして、我々が求めている人財とは青年会議所だけが必要としているのではなく、誰もが目指すべき人財像でもあります。そこでメンバーのみならず広く地域の様々な職業、立場の人々に向けて、人を感動させ、人を動かす方法を発信していきます。さらに、自分の考えを的確に構成し、表現して、相手に対してわかりやすく説得力を持って伝えることを実践する機会を設けます。また、一年間の運動の効果を綿密に検証し、その情報・経験を適切に次年度以降に引き継いでいきます。 

 研鑽を積み自己成長を遂げたメンバーは、日々のJC運動あるいは日常の仕事・生活において、自信を持って発言し行動できる人財となっていきます。そしてその言動は必ずや周囲に好影響を与えていき、やがて地域、社会をも動かしていく一歩となり、その一歩は明るい豊かな住みよい社会への実現へと続いていきます。

 

1.事業計画 

  1. 例会2回

  2. 商工会議所協賛事業

  3. 3分間スピーチ

  4. 卒業式

  5. 創立45周年記念祝賀会

  6. 委員会間交流創出

  7. 会員拡大