SEKKAIの世界へようこそ

はんなーら171号 P.4-5


南高麗・上直竹下分の埼玉県指定史跡「石灰焼場跡」の写真。

補足説明は写真をクリックすると見れます。


その他 写真


訂正とお詫び

はんなーら171号 P.4

太平洋セメント工場見学

循環型システムの4行目

×「セメントの原材料」となってますが、正しくは

○「セメントの原燃料」です。

燃料になって灰になったものが材料の一部になります。

申し訳ありませんでした。






白岩

上名栗に白岩という場所があります。

その名のとおり、白い岩がゴロゴロと。

その奥には閉業してしまった鉱山があります。

廃墟好きの方はご存知のことと思います。

閉業した鉱山を一般に公開して観光地化したらどうなのかと思います。

筆者は鉱山の中を「ここを重機が通っていたんだな~」とか思いつつ歩きたいです。

要予約制にして入場料一人300円でもとったらいいと思います。

お土産に石灰石一つ付けて500円でもいいかも。

駅からバスで連れて行くんだったらツアー化して、ウノタワなどの登山やキャンプ、滝を何個か見たりして往復で入場料込みで

大人一人3000円でどうでしょう。子ども一人2500円。

キャンプの費用は別料金。

また、ロケ地にもなると思います。

ご検討お願いします。


石灰石が取れる鉱山の近くには鍾乳洞がある。

この辺りだと、奥多摩の日原鍾乳洞は有名です。

秩父には橋立鍾乳洞があります。

飯能には小さいですが名栗に尾須澤鍾乳洞があります。

地表に洞穴が見つかっていないだけで他にも隠れ鍾乳洞があるかもしれませんね。

 


地名の由来や地形や地質に目を向けて、危険を回避したり上手に生かしていただきたいです。

また、石灰や砕石など地元の資源を運搬するにはダンプが必要になります。太平洋セメントさんみたいにトンネルを掘っているところは少ないです。

そして、そのダンプの通る道は狭くすれ違いが出来ない場所があったり、通学路や学校があります。まちの産業と子どもを守るためにも道路をどうにかした方がいいのではないかと考えます。

 

道路といえば、大河原や加治で整備されています。この先何年も車社会ですので道路整備は欠かせません。綺麗に整備された道路がある都市は治安も良いとのことです。信号のタイミングや車線が変だったり、わざと渋滞や混乱を起こすような道路ではストレスが溜まっていくだけです。無駄なストレスは少しでも排除した方がいいと考えます。ストレスのない道路。ストレスの少ないまちづくりを目指して区画、公園、山、川などの整備をしていけば、緑と清流があり都心にも近い飯能の良さが生かされて人口の増加の一助になるのではないでしょうか。

新しく作る道は電線などを地下に埋めちゃいましょう。


公園の水路のラフイメージ