入間川 源流への旅

162号の取材で訪れた入間川源流を紹介します

 

時は2015年8月中ごろ

 

 入間川源流といっても小さな沢や湧水ももちろんその一つでしょう。今回はいかにもここから湧いていますという場所の一つに取材に行きました。 場所は飯能市上名栗の山中、ウノタワへの登山道を通れば必ず通過する場所です。

簡単に生き方を紹介するとまずは西山荘か大鳩園キャンプ場を目指す。キャンプ場を過ぎて一つ目の橋の手前を右へ途中横倉林道へ入り終点まで行きます。ここまで車で行けます。ウノタワの看板があるのでそこから沢沿いに上ります。沢が二手に分かれるので5分ほど左の沢を上ると水がなくなります。写真の場所がそこです。行けば必ずそことわかります。

写真:上段左から 名郷バス停付近中央に見える建物の前を左に入るとキャンプ場が出てくる

         キャンプ場先の橋の手前右折するところ 写真左のカーブミラーが目印

         途中シャドウ左側に出てくる「入間川源流の碑」まだまだ先は長い

         写真中央を左折すると横倉林道 看板が小さく見

   中段左から 看板のアップ

         横倉林道終点 Uターン出来る広めの駐車スペース

         この道標の脇を登る

         沢の分岐点にある看板 ここを左に上る

   下段左から 岩の割れ目から流れおちる清水 湧水点は数メートル先

         ここから湧いています

         おまけ① そのままウノタワを目指すと途中コケ生した素晴らしい景色が広がる

         おまけ② ウノタワ伝説の看板 ウノタワ直近に設置

         

 車を止めて10分少々登ればつきます。こういった素晴らしい場所へ簡単に行けるのも飯能日高の魅力の一つだと思います。ぜひ行ってみてください。

 余談:最西端、最高峰、有間山へ行った後の源流は非常にきつかったです。冷たい水ときれいな空気の

    おかげで元気に行けました。足元さえしっかりしたものをはいていけば散歩+アルファ気分で行け

    ます。

    ウノタワは本当に素晴らしい場所ですが、不慣れな方はちょっと気合が必要です。時間に余裕を    もってゆっくり行けば素晴らしい旅になります。

 ※高麗川源流への旅はまた後日ほかのメンバーがアップします。お楽しみに!       By杉やん