飯能最南端への旅  ミッツの体験談☆

ミッツの感想☆

 

飯能最南端いってきました!!

 

地図で場所を確認し、阿須地区から山に入り、

地図を見ながら、いざ最南端へ!

 

 

飯能最南端!

着いた?

地図を確認し、

着いた!!




しかし、なにも(目印すら)なかったです・・・。(´・ェ・`) 
  
境界線がおそらく、写真の場所より、少し上で、登らないとわからないような場所にあったのかも。

しかし、登れそうにない急坂で、草木が生い茂っていたので、境界線を確認するのは諦めたのです。
せめて、看板のような表示があれば、登る気になったのですが、なさそうでした。
目印は無いだろうなと思ってはいましたが、本当になにも無くてがっかり。
正直、最南端に行ってきたという実感はなく。
本当に行って来た証拠になりそうなものもなく。
苦労してまで来た甲斐がなさすぎました。
 
でも、道中。アクシデントが多々あったため、そこは、まぁまぁ楽しめましたw
 
編集長からの「バイクでいけるよ!」という言葉を信頼して、軽く考え、軽装!で行ってしまった事から始まりました。 


道中の中間あたりからしっかりした道がなくなり、
いきなりの水分たっぷりのグチャグチャの路面!
勢いで乗り切ろうとしましたが、あまりの路面の悪さでスリップ、溝にはまる等、苦戦をしました。
そして、50Mほど進むと、道が複数に・・・。

(Googleマップ!ぜんぜんわからないぞ!どっちに行けば?)
左に、沢が流れその先に急な斜面があり、どうやらさらにその先に道があるみたいな?・・・。
真ん中、沢がながれているが、左のより傾斜が緩く、沢からも上がりやすそうで、その先に平地が広がっている・・・。
右・・・。GPSでは左前方をさしていたので、こっちはないな。
で、真ん中を行く事にしましたが、途中木が倒れていて、道がまた分断・・・。

とりあえず、GPS便りに?(当てになってなかったけど)目的地を目指しますが、
もう、登山道です!木の根でスリップして登れない、沢を渡らないと進めない、急斜面でタイヤがスリップし空まわりしても勢いで登りきり。
(推測ですが、大雨が降ったせいで、道が流され、木が倒れ道をふさぎ、その後訪れた登山家?が目的地に行くため、様々なルートを模索してできた道?だったため、複数に分かれ、まったくの未整備!バイクでいける?無理無理!モトクロスやバギーじゃなきゃ、行けない。後日、編集長に地図は大昔の地図をそのまま使用した地図だったのでは?と言われました。)
なんとか、一本道になり目的地に向け進みましたが、途中倒木があり道をふさぎ、しかもあまりにも悪路だった為、バイクで行くのを諦め、乗り捨てていく事に。

その後は、徒歩になりましたが、蜘蛛の巣が多いこと多いこと!
ブンブン、蜂が飛んでいるような羽音が聞こえたり、(後で登山用看板に「スズメバチ注意!」があり、聞いてないよ!)プ~ン!と蚊なのか?小さい虫も、何故か耳のそばを通過して何度も顔の周りを払い。
とりあえず、目的地に向け黙々と歩き続け、やっとの思いで着いたけど、何もなかった・・・。
仕方なく、記念撮影をして帰路に。
行く前は、何か面白い事をして写真を撮ろうと思ってましたが、そんな余裕はなく、
完全に、最南端旅を軽視してました。


帰り道、速かったけど、急な下り坂でバイクを降りてゆっくり降りるはずが、タイヤがすべって止まらず勢いよく下って冷や汗をかいたり、
「ここって、行きで通りましたっけ?」と遭難の予感?
やっと、整備された?道に出ると、ホッと一安心。

もし、次来ることがあったら、しっかりと準備をしてから向おうと反省をしました。
 
色々とありましたが、私なりには、それなりに楽しめた最南端の旅ではありました。
一つ心名残があるとすれば、ヤマノススメで使われた、滝?のような場所がどこだか発見できなかったことくらいです。

 

飯能は、市街地からほんの少し離れただけで、大自然が広がってます。

それぞれ、まったく違う景色・風景・風・薫り。新たな発見など。

そこには、飯能のこの場所でしか感じることができない、感動があるはずです。

 

是非、皆様も時間がありましたら、飯能を探検してみてはいかがでしょうか?