飯能市最南端を目指して

この格好を見ればお分かりいただけますよね?

そうです登山です。

 

この後30分もすると、このバイクは泥まみれになり、笑顔は消え、そば屋のバイクは蕎麦を運ぶ為のものなのだなと実感する事になるのです。

 

飯能市の最南端は想像していたよりも山中にあり、原付で目指すにはあまりにも過酷な挑戦になりました。

 

10月発行のはんなーら162号は飯能市の最果てを取材しています。